アウターローは使ってはいけないのか

自転車雑談

ロードバイクを始めた時から気になっていること。

正直言って僕はインナーがあまり好きじゃない。

もちろんギアの使いどころは適材適所だから

勾配のきついところではインナーをしっかり使う。

でも、少し頑張ればクリアできそうな場所では、わざわざインナーには入れないようにしている。

そして、今日までその方が結果的に速く走れている。

そう、響きの良くないアウターローを使う。

結構というか、かなり使っていると思う(笑)

結構とか、かなりってどれくらいだよ!って話だけど、1kmぐらいの区間だったら普通に使う。

今乗っているドグマは前車からコンポを移植して使っているから

使用走行距離は4万kmは優に超えているはず。

その間、アウターローは幾度となく使用してきたけど

今日現在まで何もトラブルは起きたことが無い。

チェーン寿命も周りと比べて短いこともないし、目立つ偏摩耗もしていない。

ちなみにチェーン落ちすらしたことがない。

インナーが好きではない理由

まずは勾配の変化が掴みづらい。

ギアが軽く、ケイデンスが上がり気味になってしまうため

勾配が緩くなったことがわかりづらく、ペダルを回している割には

推進力に変わっていないことがある。

ハイケイデンスは高い技術が必要だと思う。

ペダリングスキルはもちろん、それに耐える体も必要。

ケイデンスを上げすぎると、無駄に心拍数を上げかねない。

もちろんその人の体質や脚質にもよると思うけど・・・

自分はどちらかというとトルクで踏んでいくタイプのようなので

この乗り方に落ち着いた。

ただ、前にも書いているようにギアの選択は適材適所。

勾配10%が続く坂でアウターを使い続けるなんてことは無茶であって

それが出来れば僕は今ここにいない(笑)

結論

使ってはいけないというセリフは行き過ぎていると思う。

アウターローは使っても問題はない。

使い続けることは推奨しないというメーカーからのメッセージだと思えば良い。

使ってはいけない機能を搭載している商品なんて聞いたことがないし

メーカーは僕達が想像もできないぐらいテストを繰り返して商品化している。

だからこれからも僕はアウターローを使う。

もちろん限度をわきまえて(笑)


ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました