ホームコースの重要性

自転車雑談

ホームコースがあると、自分の成長や、その日のコンディションがわかりやすい。

同じコースを何度も走っていると、いろんなことが分かってくる。

昨日より今日、去年よりも今年の方が速かったという確かな成長。

いつもと違って足が回らないという体調の良し悪し。

理屈ではなく、続けたからこそ分かることがたくさんある。

走るたびに、自分なりに課題を持ち帰り次に生かしていくから

同じコースでも飽きたりしないし、むしろ面白くなっていく。


僕は東京武蔵野エリアの人間。

様々なコースに恵まれているけど、主に下の3つがホームコース。

尾根幹線道路

まずは尾根幹線道路。通称『オネカン』

説明するまでもなく、有名すぎる道路。

全域に渡りアップダウンを繰り返し、自転車専用レーンが広くとても走りやすい。

今日の自分はここで作られたといっても良いほど世話になった(笑)

若葉台

尾根幹線の良いところは、多摩丘陵を走っているため

近隣の道路すらもアップダウンが多く、尾根幹を軸にして様々なコースを作ることができる。

自分もいくつかのコースを持っているけど、それはまた違う機会に書いていきたいと思う。

多摩川サイクリングロード

ロードバイクで最初に走ったのがここ。

ノンストップで走り続けることの辛さを知る(笑)

全区間を走り通すと、とても長いコース。

僕は多摩川原橋から中央高速下あたりまでを走行区間としている。

この区間であれば、一定のリズムで走り続けることができる。

これより西に進むと一部が舗装されていないため、迂回が必要だったりする。

国立河川敷サッカー場

天気が良ければ富士山が見える、ロケーションにも恵まれた場所。

初めのうちはよく走っていたけど、そのうち坂のある尾根幹が軸になり

今は走る機会がだいぶ減ってしまった。

路面も綺麗で走りやすく、スピードが出やすい。

ランニングやウォーキングをされている方もたくさんいるのでスピードには注意!

自転車と歩行者それぞれに専用レーンが設けられているので

ルールとマナーを守って安全に走りたい。

奥多摩

こちらも相当有名な場所。

頂上の風張峠を中心に奥多摩湖側と檜原側で分かれている。

僕は檜原側から上り、奥多摩湖側に下ることが多い。

初めての山がこの奥多摩で、あの時の辛さは一生忘れない(笑)

奥多摩周遊道路

何度も通って、少しずつ速く上れるようになった。

自分の中では、尾根幹で練習、奥多摩で本番みたいなイメージ。

この奥多摩も、近隣の道路を使って様々なコースを作り出すことができる。

景色を楽しみながら、ゆるく走れるコースもあれば、

しばらくは自転車も見たくなくなるようなコースも作ることができる(笑)

このあたりも後日書いていきたいと思う。


ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました