山に行く時の注意点

自転車雑談

自分の実体験をもとにまとめてみた。

続けていると、やっぱり何度かトラブルを経験した。

パンク

パンクはある程度意識的に減らすことができると思う。

  1. 劣化しはじめたタイヤを使い続けない
  2. 空気圧の管理をしっかりする
  3. 段差はゆっくり通過する

調べれば他にも様々な対策が出てくると思うけど、

今日まで僕なりに意識してきたことがこの3つ。

特に1つ目の劣化しはじめたタイヤを使わないというのは結構効果的だと思う。

タイヤ高いですよね・・・

もうちょっと使ってから交換しようかなと思いつつ、気がつくと更に半年経ってたとか。

僕もそうだった(笑)

ゴムは劣化すると硬くなり、亀裂が入る。

本来の剛性やグリップ力が無くなってきている証拠。

過去のパンク歴は記録してあるけど、ほとんどがある程度使用したタイヤだった。

タイヤはブレーキと並んで安全面に結びつくものなので

気になり出したら早めに交換するようにしている。

パンクはいくら気を付けていても誰でも一度は必ず経験する。

予備チューブやパッチ、空気入れは必ず携帯。

そして、最低でもパンク修理は自分で出来るようになってから出かける。

山で何も持たず何も出来なくては危険。

僕は店長から、どんなことよりも最初にパンク修理を教わった。

天候

『山の天気は変わりやすい』

小学校の時に先生から教わったやつ(笑)

山に行く時に着るものに迷ったら、厚い方を選ぶようにしている。

天気予報は必ずチェックするようにしているけど、それでも何度か痛い目に遭った。

その日の予報では晴れ時々曇り、季節は初春。

奥多摩のスタート地点は晴れて比較的ポカポカ陽気。

しかし標高が上がるにつれて雲行きが怪しくなり、都民の森に到着すると

あっという間に雲に覆われてしまった。

急いで下山するも、雪が降りはじめ気温が見る見る下がっていく・・・

道路上に設置された気温計が1度だったのを覚えている。

下りの体感温度は余裕でマイナス・・・

顔や手の感覚はあっという間に無くなり、体温すら奪われていく感じ。

体の芯まで冷え切ってしまい、まともに体が動かなくなり頭もボーッとしてくる始末。

なんとか下山できた時は、まさに安堵の表情。

あの時は『これって死ぬやつ?』って本気で思った気がする・・・

路面は乾いていても、雪があるということの意味を知っておかなくてはいけない。

そこは、まだ雪が残っていられる気候だということ。

上りはたしかに暑くなるけど、下りは別世界。

ウェアの選択には一番気をつかう時期だと思う。

補給食

山奥でハンガーノックを起こしたら危険。

エネルギーは車のガソリンみたいなものなので、ガス欠になれば走れなくなる。

ちょっとしたものでも良いのでポケットに入れておくと、いざという時に助かる。

僕は自転車で消費するエネルギーを甘く見ていた。

お腹が空いたと感じた時にはもう遅い。

脳に空腹の信号が送られた時には、体は既に予備として蓄えたエネルギーを使い始めている。

山に入るとコンビニがあることは稀だと思うので事前に準備したいところ。

補給食は様々なものが紹介されているけど、ご褒美的な要素もあると思うので、

正直好きなもので良いと思う。

ただチョコ系の携帯だけはやめた方が良い・・・特に暖かい季節(笑)



以上改めて自分に向けてという意味でもまとめてみた。

山は少し間違えると危険な場所にもなるので、しっかり準備して挑みたいもの。

山は楽しい。達成感や喜びを感じることができるから!

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました