自分が速くなったと気づく時

自転車雑談

自分で速くなったと気づく時ってどんな時だろう。

人を追い抜いた時?

ストラバでその日のトップを獲った時?


自分の経験から言うと、抜かれる回数が減ったと気づいた時

ロードバイクを購入した時は、走るのが楽しくて楽しくて

通勤距離が5kmだったのに、遠回りして20kmぐらい走っていた。

もはや遠回りとは言わない(笑)


これを2年ぐらい続けたある時に、最近人に抜かれることが減ったと気がついた。

はじめた当初からガーミンを使っていたので、走行記録は残していた。

自分なりにいろいろ試しながら続けていたおかげもあり、

わずかずつでも、その進歩は数字になって表れていた。


悔しい思いもしたけど、僕はマイペースを保った。

プロフィールにも書いたことだけど、僕は競技思考はない。

もっと振り返ると、競技はやらないと決めてロードバイクをはじめた。

これには自分なりに理由があり、語り出すと長くなりそうなので割愛。

また別の機会に・・・


自分より速い人達の話にはいつもひとつの共通点がある。

それは、上には上がいるということ。

どんなことでもそうだと思うけど、その通りだ。

続けていれば必ず成長して速くなるし、焦る必要はない。

目標は自由だけど、趣味として楽しく向き合いたいなら

マイペースを保ち、好きなことを続けることだと思う。

景色を楽しみ、食事を楽しみ、走ることを純粋に喜びと感じる。

速さという概念から少し距離を置くと、気がつけばそれを手に入れている。

孔子みたいな物言いでごめんなさい(笑)


最後にもう一度。

自分が速くなったと気づく時。

僕は抜かれることが少なくなったと感じた時だった。

たぶんこれからもこの調子で続けていくんだと思う。


ではまた。


コメント

タイトルとURLをコピーしました